1年間ありがとうございました・・・・

■第40回救急救命士国家試験までのカウントダウン■

残り:71日

試験日:平成29年3月12日(日)

発表日:平成29年3月31日(金)

超おススメ図書!!

メルマガ 「救命士日記」登録URL

https://my86p.com/p/r/tayvsiOS

ブログには書けない秘密の情報を不定期で配信!!

みなさん、こん・・は。

救命キングです。

4月1日から「救命士日記」を始めましたが、

あっという間に大晦日を迎えてしまいました。

月日が経つのは早いですね。

途中、ブログの更新が空いてしまったりして、

読者の皆様にはご迷惑をおかけしましたが・・・・・

何とか続けることができました。

ありがとうございました。

心から感謝いたします。

来年はさらに充実した内容を書いていきます。

もちろん、業界人だから知っている、

門外不出の情報も・・・・・

あと、なるべく更新期間は空けません(;^_^A

来年もどうぞよろしくお願い致します。

※メルマガを今日は必ず出します。

お楽しみに!!

また、以前にお伝えした、

メルマガ読者限定の救命キングオリジナル問題集は間もなく完成します。

こちらもお楽しみに!!

では、今日はこの辺で。

次回もお楽しみに!!

良いお年をお迎えください。

★就職(消防)への道★

前回の問題

1910年の韓国併合条約によって日本は韓国を合併し、伊藤博文を初代総督とする朝鮮総督府を設置した。

答え:☓

解説:伊藤博文は1909年にハルビンで韓国独立運動家の安重根に暗殺され、この事件と韓国首相襲撃事件を契機として日本は韓国合併に踏み切った。朝鮮総督府の初代総督は陸軍大将寺内正毅である。

今日の問題

正しい場合は○、誤っている場合は×を付けよ。

立憲政友会の総裁として首相に就任した原敬は、日本初の本格的政党内閣であるとされる。

★救命士への道★

前回の答え:2.3

今日の問題

気管支喘息発作でみられるのはどれか。2つ選べ。

1.声帯麻痺

2.肺胞出血

3.喉頭蓋の浮腫

4.粘液栓の形成

5.気管支平滑筋の攣縮

★編集後記★

今年は実家に帰らず、

勤務地でコツコツと国家試験対策問題を作成しています。

その他にやることが沢山・・・・

それに年明けにはビッグプロジェクトが始動!!

ちなみにビッグプロジェクトは三本柱。

メルマガ読者には、

本日お知らせしますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

救急救命士模擬試験の案内!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

救急救命士模擬試験の案内

http://yahoo.jp/box/w46Heh

今までの模擬試験のほとんどが団体での申し込みでしたが、

今回の模試は個人でも申し込みができます。

(もちろん、団体でもOK)

すでに救命士国家試験の受験資格を持っている方、

救命士養成校の学生の方(最高学年でなくてもOK)、

ぜひ、受験してみてはいかがですか?

自分の実力を試す良いチャンスです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

通信教育受講者募集!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

募集ポスターはこちらから

↓↓

http://yahoo.jp/box/b-sliG

◆通信教育を行う会社◆

佐藤レスキュープラン

(全国で唯一救急救命士養成校教員による通信教育を行っています)

http://sato-rescueplan.com/services#04

元救急救命士養成校の教員がやっているので、

指導力、問題の質、解説、すべてにおいてベリーグッド!!

それに、現役の救急救命士養成校の教員も・・・

だから救急救命士に関する情報量もたくさん持ってます。

例えば、大学に入学するために予備校等に行きますよね?

公務員になるためにも予備校等に行きますね。

救急救命士になるためにも・・・・

学校以外で教育を受けられる場所は必要です。

とにかく、一発で合格するために・・・・

お申し込みはこちらから

↓↓

http://form.os7.biz/f/40d807cb/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

優良図書のご紹介

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

敵を知らねば勝つことはできません。

救急救命士国家試験に合格したければ、

過去問を必ず分かるまで何度も解いてくださいね。

受験する人で持ってない人は必須です。

(下記のものは理解するまで何回でも解いてください)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みなさん、メルマガには登録していただけましたか?

まだの方は下記から。

超濃い内容を配信中!!

メルマガ 「救命士日記」登録URL

https://my86p.com/p/r/tayvsiOS

読者のみなさんにお願いです。

このブログとメルマガの拡散をお願いいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

フォローする